RICSブログ

【ご報告】可能性の見つけ方 ~子どもとの遊びを考える~

子育て講演会@米子市立加茂小学校

可能性の見つけ方 ~子どもとの遊びを考える~

放課後の図工室が、笑いと暖かい空気に包まれました。

 

素敵なご縁が繋がり

とっても想い溢れる、遊び大好きなPTA会長さんからのリクエストをいただき

小学校の保護者さん&先生方とともに

遊びについて考える講演会をさせていただきました。

 

講演会前に、PTA会長さんと校長先生とお話をしていると

 

とっても「遊び」を大事にしておられる小学校だということがわかりました。

 

学年を縦割りで、遊びタイムを設けておられる。

 

遊びの企画も、トラブル時の解決も、子どもさんが主役

 

遊びタイムの縦割り班が、運動会の組み分けになる。

 

年間を通して、子ども同士の繋がりを育てておられる素敵な取り組み。

 

そのような学校なので

保護者さんはもちろん

先生方も、遊びに対する考えや想いが本当に面白かった!!

 

お父さんも

 

お母さんも

 

先生も

 

立場の壁を超えて

 

一人の人として

 

遊びについて語り合う

今、親子でしている遊び

今、自分(お父さん・お母さん・先生方)がしている遊び

昔、親子でした遊び(つまり、今の保護者さんや先生が子どもの頃)

昔、自分がした遊び

 

この4つの視点でそれぞれの遊びを書き出して

みんなでシェア

 

昔、親子でした遊び

の時は少し、筆が止まる場面もありましたが(これも社会の流れなのでしょうね〜)

 

昔、自分がした遊び

では、大いに盛り上がりました(笑)

 

今と昔の違いもあれば

 

今と昔も変わらないこともある

 

「なんでも遊び」にできる子どもたち

 

何気ないことが、「遊び」になる

 

道具がなくても「遊び」が生まれる

 

「遊び」は日々の暮らしから始まり

 

「遊び」から学びが始まる

 

子どもだけではなく、大人も遊ぼう!!!! というメッセージを込めて

企画してくださったPTA会長さん♬

19:00〜の開催にもかかわらず、保護者さん、先生方

本当に、ありがとうございました!!

 

研修会に参加してくださった方の感想はこちら

*旅行など、連れて行けなくて「ごめんね」と思っていたけれど、日々のふれあいをもっともっと増や
 していこうと思いました。
*大人の常識、一般的にと言った見方に偏って子どもの可能性を見逃すことがある。
*遊ぶということは、特別何かをするのではなく、日常の些細なことを大切にして、一緒の時間を過ご
 すことの方が楽しめるし、良い思い出になるんだなぁと改めて思いました。
*何も言えなくても、ちゃんと分かっていて、ちゃんとメッセージを伝えることがある。
 それを知っているか、見て取れるかが大切だと、最初のお話で感じました。
*大人の作った「枠」にはめないように、「物差し」を大きく長くしたいなと思いました。
*昔の遊びが懐かしかったです。今日にも広めたいと思います。
*トラブルも見方を変えると学びになることがある。
*買い与えなくても、周りにあるもの、体一つでも充分遊べる、楽しめる。
*遊びって特別じゃないのだなと思いました。
*他の人の子どもとの「遊び」って聞いていて「いいなぁ」と思いました。
*何でもないような、日常のふれあいが遊びとなる。
*喧嘩をしていても、無理に良い子にさせない。→ 学びの場となる。
*遊ぶこと、遊ぼうと思う気持ちを大切にしたいと思いました。
*何でもないことが大切なんだなと改めて思えた。
*先生方も「遊び」の大切さを分かってくれることが嬉しかった。
*視点を変えてみることの大切さを知れた。
*もっと子どもたちと遊びたいと思った。
*すごく素敵な時間が先生たちと共有できた。
*「遊ぶ」=コミュニケーションだなぁ〜と改めて思いました。
*グループワークで、他の方のことが知ることができて楽しかったです。
*親でも子でもコミュニケーションをとることが大切だな、と思いました。
*これから、我が子とどんどん昔遊びをやってきたいと思いました。
*自分の物差しで見るのではなく、視点を変えて見ることで子どもの可能性が見えてくる。
*特別なことではなく、日常のふれあいが大切
*普段の休憩時間は、宿題チェックなどをしていてあまり遊べていないなぁ〜と反省しました。ちょっ
   とした合間を見つけて、子どもたちとコミュニケーションを積極的にとっていきたいと思いました。

たくさんの感想も、本当にありがとうございました!!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930