RICSブログ

父の「障害がなくなった」とき ~脳梗塞後遺症・感覚性失語の父:復活珍道中 (7)~

父は、2016年3月31日夜に脳梗塞発症

でも、倒れたわけではなかったので、病院に行ったのが、4月1日の夜

そして、入院したのが日付が変わった、4月2日

急性期〜回復期の治療&リハビリ経て、6月末に退院  *関連ブログは文末に*

 

現在の状況は・・・

 

身体障害者手帳4級 (音声機能・言語機能の著しい障害 というレベルらしい)

介護保険では「要介護1」 

家族でもコミュニケーションをとることが難しい・・・

れっきとした障害者である

 

 

その父の「障害がなくなった」

 

 

??????????

 

 

それは・・・

森の風通しを良くし

水を巡らせて

「森」から「杜」に

大地と呼吸を共にする「大地の再生講座」でのこと

 

(演奏されている方の右後ろにいるのが父)

開始前に姿をくらませた父

どこに行った????と心配していたが・・・

杜での始まりの演奏と同時に

どこからともなく現れ・・・演奏を聴いている(笑)

 

(笹が生い茂る中を進む皆さん…)

スタッフや参加者の皆さんと

杜を一周歩いて状況を確認中に

道無き道を案内する父

大地の再生講座の講師の方の見立てでは・・・

「お父さんが案内してくれたところは、もともと道があったところ」と言ってくださり

「お父さんの感性はすごい!」と褒めてくださる。

 

  (笹の道から抜け出たところ)

チェーンソーなど、道具を持っている方が

道を切り開いてくださり、無事に通過!!

ありがとうございます ^ – ^

 

その後の杜の整備でも、父は

講師やスタッフの方がしているのを見たり

自分の感性で

必要そうなことをしていく

 

講師の方が

父の存在と感性を認めてくださっていたので

基本は、父の好きなように

 

「こうしたら良いよ」ということだけ

実際に見せて教えてくださる

 

そうすると、父も理解して同じようにする

 

この日

この杜の大地の再生講座において

父は障害者ではなかった。

 

講師の方も

スタッフの方も

参加者の方も

父のことをありのままに認めてくださり

必要な時は自然とサポートしてくださり

父も自分の力を発揮していた。

 

改めて、環境が障がいを作っているのだなぁ〜と感じた日

 

その人が「障害者」という存在にならない社会に

できることを少しずつ…

 

2018.4.3 大地の再生講座にご縁があり、集ってくださった皆様

本当にありがとうございました!!

  
大地の再生講座の一コマ
みんなが参道の階段の水の流れを整えている間
父は、参道脇の山の中で
思うままに動いていました…笑

◉関連ブログ◉
その1)認知症?と思ったら、脳梗塞だった!!!  http://riecs.net/blog/614/
その2)治療は必要だけど、病人にはしない  http://riecs.net/blog/615/
その3)退院日を勝手に決めた父  http://riecs.net/blog/616/
その4)警察沙汰がありつつも、豊かな人生♬ http://riecs.net/blog/619/
その5)突然、コーヒーの淹れ方を教えてくれと…そのワケは? http://riecs.net/blog/688/
その6)母が入院した…その時、父は…  http://riecs.net/blog/795/

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031