RICSブログ

靴や靴下を脱ぎたがるお子さんのこと

靴や靴下を脱ぎたがるお子さん
おられますよね

私も、裸足が楽だし、心地よいので、大好きです💕

日本の保育園は屋内・屋外とわず、
裸足OKのところも多いのですが…

小学校に入ると校舎の中でも
「きちんと靴を履く」文化になりますね。

先生方からも
*靴を上手に履けません(靴のかかとを踏んでしまう)
*すぐに靴を脱いでしまいます
*脱いだ靴がどこかへ行ってしまいます
というお話を聞くことがあります。

このようなお話を聞くたびに
「なぜ、靴を履かないといけないのかなぁ〜」
「裸足でも良いのでは…」
と思っていました。
(が…一期一会の巡回相談では、踏み込む勇気はなく…笑)

おそらく…
*何か落ちていて(画鋲とか)、それを踏んだら危ない
*靴のお友達が、裸足のお友達の足を踏んだら危ない
*屋内・屋外共に裸足だと、屋外からそのまま入ってきた時に、汚れる
などなど…理由も想像できます。

*かかとを踏んでしまうお子さん
ちょっと不器用だったり
せっかちだったりすると
かかとを上手に入れることが難しかったり
その時間がもどかしかったりして…
楽な方法で靴を履いた結果
かかとを踏む(笑)

*靴を脱いでしまうお子さん
素足の方が歩きやすい
歩いている感覚を確認しやすい
かかとを踏むよりも、脱いでしまおう!
素足の方が心地よい♬

お子さんによって、それぞれ理由はあると思います。

ですが、やっぱり裸足は心地よい〜( ^∀^)

畑で寝転び、大地とつながるお子さん
(畑を生業としている友人の愛すべきワンパク君)


3月の畑de遊ぼう!に参加してくださったお子さん
まだ肌寒いけど、子どもは裸足で、駆け回ります♬

3月の畑de遊ぼう!に参加してくださったお子さん  両手もついて、ドシドシと力強く進みます♪( ´θ`)ノ

靴や靴下を脱ぎたがるお子さんは…
素足・素手で大地に触れる、なんとも言えない心地よさ
人間本来の言葉にできない感覚を備えている
お子さんなのではないでしょうか

社会の変化
集団のルール
など…
「靴」が安全な理由はあるのですが

靴を脱ぎたいお子さんには
脱いでもいいよ〜♬
という機会を作ってあげたいな、と思います。

もし…
裸足って気持ちいいよなぁ〜と思った方
裸足の心地よさを思い出した方
ぜひ、お子さんにも、裸足の時間を作ってあげてください💕

逆に、
裸足なんてとんでもない!!!
裸足は大嫌い〜(>人<;)
というお子さんもおられます♬

そのようなお子さんには、
そのお子さんの理由があるので
無理に裸足にならなくても大丈夫^ – ^

先日、フェイスブックでシェアされていた動画から…
裸足で大地に立つ意味を、科学者たちが語っています。
ダウン・トゥ・アース
https://www.youtube.com/watch?v=GM9iwtQxNXM&feature=share

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター
RICS  (Rie Child Support)  
引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、
デキル方法を提案しています。

デキル!を見つけるプログラム
http://riecs.net/services/#kosodate


集団作りの協働的コンサルテーション

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

お問い合わせ
http://riecs.net/contact/

活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港・西伯郡)/広島県尾道市

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930