RICSブログ

「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」お子さんのこと

「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」「いっぱい動きたい!!」お子さんのお母さん&先生へ

お子さんは、お母さんや先生の
言うことを聞きたくないわけでも、
困らせたくて、動いているわけでもありません☆

「生理的多動」という言葉を聞いたことがありますか?

子どもは成長の過程の中で、じっとしていない、バタバタと非常に元氣に動き回る時期があります。
2〜3歳頃のことを言います。

本来、子どもは好奇心旺盛です。
特に、2〜3歳は歩いたり走ったりすることが自由に出来るようになり、動くこと自体が楽しかったり、
高いところに登って高さを知ったり、より広く世界を知りたいと思って動き回る時期です。

年齢があがるにつれて、少しずつ落ち着いてきますが、
それでも、まだまだ動きたい!と、脳が求めている場合があります。

そういうお子さんは、同年齢のお子さんに比べて、
たくさん動くことで落ちついたり、スッキリしたり、
動いている時の方が、じっとしている時よりも、先生の言っていることが理解しやすかったり、
感覚的な刺激に対して敏感に反応するお子さんも、じっとしていることが苦手な場合があります。

椅子に座った姿勢を保ち続けるだけの体の準備が出来ていない場合もあります。
 私は今でもそうですが…

これからどのような活動をするのか、よく分からないから、興味を示さない場合や、
活動そのものに興味がない場合も、じっとしていることは難しいです。

じっとしていないのには、そのお子さんなりの理由があります
お母さんや先生の言うことを聞かないわけでも、
お母さんや先生を困らせたいわけでもありません。

□動くことでスッキリしているのかな?
□動いているけど、実は話を聞いているのでは??
□もしかして、感覚刺激に敏感なのかな? 
▶︎関連記事:「感覚刺激に敏感」…どういうこと?
http://riecs.net/blog/140/

 

□椅子に座るための、体の準備ができていないのかも…  
▶︎関連記事:椅子に座って作業するための『からだ』を育てよう!
http://riecs.net/blog/132/

 

□これからすることが、上手く伝わっているかな?
□この活動に興味があるかな?

どうして動いているのかなぁ〜とちょっと考えてみていただけると嬉しいです☆

子どもの育ち 〜作業療法士は何をしてくれるの?〜

作業療法って何…??
作業療法士は何をしてくれるの?

「リハビリテーション」と言われても、分かる様な、分からない様な…

ということで、私流の作業療法の説明は
そのお子さんの「やりたい!」「やってみよう!」をサポートすること です。

最近、「分かりやすいなぁ〜」と思ったので、
脳性まひの小児科医 熊谷晋一郎さんのインタビュー記事を少し引用させてもらいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新生児仮死の後遺症により脳性まひの障害を持つ熊谷晋一郎さん。“健常な動き”を身につけるため、物心つく前から厳しいリハビリを受けました。しかしそれは、彼にとって「身体に合わない規範を押し付けられる」という体験でした。成長とともにリハビリをやめ、自分らしいあり方を模索。大学進学をきっかけに親元を離れて一人暮らしを始め、試行錯誤しながら自立生活を確立していきました。

小学生まではリハビリに一日何時間もかけていたのが、成長とともに徐々に減っていき、高校生の頃には体をほぐす程度のストレッチだけで、リハビリキャンプにも通わなくなりました。

当初、母は親心から「息子を苦労させたくない」「人並みの体にしてあげたい」という思いがとても強かった。でも私が成長するにつれ、「この子は絵を描くのが好きらしい」「勉強している時の方が楽しそう」と、リハビリ以外の私の様子にも目を向けるようになりました。それで「何が何でも健常者のようにしなきゃいけない」という思いは徐々に薄れていったんじゃないかなと思います。

記事全文はこちら 【自立は依存先を増やすこと、希望は絶望を分かち合うこと】
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を読んだとき、お母さんの関わりは、「まさに作業療法!」だと思いました。
そのお子さんにとって、『好きなこと』『楽しそうなこと』をみつけ、広げていくこと
『好きなこと』『楽しいこと』から、そのお子さんと家族にとって世界が広がります。

作業療法士は、
☆子ども
☆環境(家族・先生・クラスメート・空間・道具など)
☆作業(やっていること=遊び・身の回りのこと・お手伝い・勉強など)
この3つの視点で、その関係性を見ていきます。

そして、どうすると、

「やりたいことをどうしたら出来るようになるか?」
「やりたいことがもっと上手に出来るか?」

また、やりたいことだけではなく、

「やらなければならないこと」
「やる必要があること」

に関わることもあります。

「やりたいこと」「やる必要があること」「やらなければならないこと」
いずれにしても、そのお子さんと家族にとって、
『大事なこと(作業)が上手く出来るように』

お子さん・家族と一緒に考え、実行するプロセスを
とことんサポートするのが作業療法士です。

それは、そのお子さんと家族が…

「どのように生きて行きたいか」
「どういう人生を歩みたいか」
「どのようになるとハッピーか、幸せか」

という、とっても基本的なこと…
でも、実はあまり深く考えたことがない、かもしれないこと。

そういうことに、深く関わらせていただくのが
子どもの育ちに関わる作業療法士です☆

☆子どもの発達をサポートする フリーランス作業療法士☆ 引野里絵です

こんにちは

子どもの豊かな育ちのために…子どもの日々の暮らしに関わる

フリーランス作業療法士&グローアップクリエイターの引野里絵です。

 

私は18年間、障がいのあるお子さんの療育に関わって来ました。

そこで感じたことは…

子どもは、もともと『生きる力』を持っている

けれど…さまざまな理由で 

その可能性を閉ざさざるをえない子どもたちが多いことでした。

 

私自身も、育て難い子どもで、ちょっと変な、ユニークな子だったと思います。

(幼少期のことは、少しずつブログでアップしていこうと思います)

 

そのため…

子ども達が持っている無限の可能性を活かし、豊かに育つ環境を作りたい

その為には、子どもの「日々の暮らし」がとっても大事! 

子どもは「日々の暮らし」の中で成長していきます。

 

子どもの育つ環境に欠かせない

家庭  &  保育園/幼稚園/学校の暮らしを中心に

お母さんや先生方と協働して

子どもが生き生き&のびのびと育つ環境を作りたい…という思いから

暮らしに密着した子育ち子育て支援の活動をはじめました。

詳しい活動内容などは、ホームページ(リエ チャイルド サポート)をご覧ください。

http://riecs.net

どうぞよろしくお願いします♪♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

IMG_6604 

畑の中にある日、ポ〜ンと咲いていた。それぞれに咲く場所があるなぁ〜☆

 

Rie Child Support (リエ チャイルド サポート)

引野里絵

 

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031