RICSブログ

父の「障害がなくなった」とき ~脳梗塞後遺症・感覚性失語の父:復活珍道中 (7)~

父は、2016年3月31日夜に脳梗塞発症

でも、倒れたわけではなかったので、病院に行ったのが、4月1日の夜

そして、入院したのが日付が変わった、4月2日

急性期〜回復期の治療&リハビリ経て、6月末に退院  *関連ブログは文末に*

 

現在の状況は・・・

 

身体障害者手帳4級 (音声機能・言語機能の著しい障害 というレベルらしい)

介護保険では「要介護1」 

家族でもコミュニケーションをとることが難しい・・・

れっきとした障害者である

 

 

その父の「障害がなくなった」

 

 

??????????

 

 

それは・・・

森の風通しを良くし

水を巡らせて

「森」から「杜」に

大地と呼吸を共にする「大地の再生講座」でのこと

 

(演奏されている方の右後ろにいるのが父)

開始前に姿をくらませた父

どこに行った????と心配していたが・・・

杜での始まりの演奏と同時に

どこからともなく現れ・・・演奏を聴いている(笑)

 

(笹が生い茂る中を進む皆さん…)

スタッフや参加者の皆さんと

杜を一周歩いて状況を確認中に

道無き道を案内する父

大地の再生講座の講師の方の見立てでは・・・

「お父さんが案内してくれたところは、もともと道があったところ」と言ってくださり

「お父さんの感性はすごい!」と褒めてくださる。

 

  (笹の道から抜け出たところ)

チェーンソーなど、道具を持っている方が

道を切り開いてくださり、無事に通過!!

ありがとうございます ^ – ^

 

その後の杜の整備でも、父は

講師やスタッフの方がしているのを見たり

自分の感性で

必要そうなことをしていく

 

講師の方が

父の存在と感性を認めてくださっていたので

基本は、父の好きなように

 

「こうしたら良いよ」ということだけ

実際に見せて教えてくださる

 

そうすると、父も理解して同じようにする

 

この日

この杜の大地の再生講座において

父は障害者ではなかった。

 

講師の方も

スタッフの方も

参加者の方も

父のことをありのままに認めてくださり

必要な時は自然とサポートしてくださり

父も自分の力を発揮していた。

 

改めて、環境が障がいを作っているのだなぁ〜と感じた日

 

その人が「障害者」という存在にならない社会に

できることを少しずつ…

 

2018.4.3 大地の再生講座にご縁があり、集ってくださった皆様

本当にありがとうございました!!

  
大地の再生講座の一コマ
みんなが参道の階段の水の流れを整えている間
父は、参道脇の山の中で
思うままに動いていました…笑

◉関連ブログ◉
その1)認知症?と思ったら、脳梗塞だった!!!  http://riecs.net/blog/614/
その2)治療は必要だけど、病人にはしない  http://riecs.net/blog/615/
その3)退院日を勝手に決めた父  http://riecs.net/blog/616/
その4)警察沙汰がありつつも、豊かな人生♬ http://riecs.net/blog/619/
その5)突然、コーヒーの淹れ方を教えてくれと…そのワケは? http://riecs.net/blog/688/
その6)母が入院した…その時、父は…  http://riecs.net/blog/795/

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

畑の力・gohan de hatake♬

◉ブログ◉

4月初旬、桜舞う季節ですね🌸

3月の畑では野草が元気にニョキニョキと♬

写真(右回りに) つくし・せり・ハコベ・ノビル・なずな・よもぎ・たんぽぽ・スベリヒユ(だと思ったら違った…けど食べられた笑)・スギナ

つくし丼に〜〜〜

 

ヨモギのおやき

野草のおひたし
ノビルのお醤油漬けをかけると美味❤

 

 

そして…

畑で食べるお昼ご飯は

冷やご飯 & 味噌玉 & 野草

お湯をかけたら、即席味噌雑炊の出来上がり!

gohan de hatake  → 畑のご飯 (スペイン語風に)

シンプルだけれど、美味しい♬

季節を、大地を、自然を味わえる幸せ

今年も、直前予告で、不定期に畑 de 遊ぼう! &  畑 deカフェをします。

ご希望の方は決まり次第お知らせします。

個別にメッセージをください♬

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

母の希望を叶えるために! 

前回に続き、母ネタです^ – ^
「言うことを聞かない子!!・・・??」http://riecs.net/blog/908/

 

母が大腿骨頸部骨折(股関節を骨折)して1ヶ月入院し、無事に退院!

入院中のリハビリは、理学療法による歩行訓練

おかげさまで、退院直後から杖がなくても街中を歩くことができました。

 

が・・・日常生活に於いては・・・

 

「靴下が履けない」

骨折した方の股関節を十分に曲げることができないので、

足の指先に手が届かず、靴下を履くことができないのです。

 

退院して2−3日は、弟の家にいたので

孫たちが靴下を履かせてくれていたようです。

それもありがたい!!

 

ですが・・・

家に戻ってきたら、

やっぱり・・・

「一人で靴下が履けたらなぁ〜」とのこと。

 

ということで・・・作りました!

ソックスエイド

とりあえず即席で・・・ペットボトル荷造り紐にて作成

   

こんな感じで使います↓(超簡単な説明ですが…)

①靴下をソックスエイドに履かせます

 

②足先をソックスエイドの中に入れる

③ソックスエイドを引き抜くと

④こんな感じで、おおよそ靴下を履くことができます。

母の場合、踵までは何とか手が届くので、この程度履けると、
後は何とか、靴下を引っ張りあげることができます。

 

学生の頃から、ソックスエイドの存在は知っていましたが、初めて作りました。

 

毎日使うので、母も使い方が上手になり、

もう少しこうしてほしい、あぁしてほしい、と希望も伝えてくれるようになり

改善しながら、3ヶ月間

最近は、ソックスエイドを使わなくても、自分で履けることもあるようです。

 

母の作業上の問題は「靴下が一人で履けない」こと

なので・・・一人で靴下を履けるように、

ソックスエイドという道具を使ってサポート

 

でも、その道具は使いやすくないと意味がありません

 

最初から、その人にとって使いやすい道具を作れたら良いのですが

なかなかそうもいきません

だからこそ、使っている人の率直な意見を聞きながら

一緒に改善していくことが大事なんだなぁ〜と実感しました。

 

今回は、母だったので、遠慮なく意見を言えたのだと思いますが

どのような場合でも、遠慮なく意見を言っていただける関係づくりが大事だと思う今日この頃です。

前回に続き、母ネタでした^ – ^
「言うことを聞かない子!!・・・??」http://riecs.net/blog/908/

◉お知らせ◉
RICS 発達講座  ”遊ぶ・創る・使う” から ”読み書き” へ
0〜6歳までの発達を、年齢別に3回に分けてお伝えします♬
1回目は2月24日(土) 
http://riecs.net/news/873/

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930