RICSブログ

自己分析! ズボラな私の「日々の暮らしを丁寧に」のポイントとは!?

ズボラで、面倒くさがりで、不器用な私ですが…

先日いただいた、金柑煮がとっても美味しくて^ – ^

自分でも作ってみよう!と思い立ち

早速、我が家の庭の金柑を採取!(2020.04.24)

こういう時の行動力は、多動力の賜物!(笑)

金柑にはこんなに種がいっぱい!!!!

ですが、いただいた金柑煮は、種を丁寧にとっておられて…

 

なるほど!

いつもなら、めんどくさい!と

種ごと煮詰めていたから、苦かったのか(笑)

ちょっと手を掛けると

こんなにも美味しくなるのだ〜〜( ^ω^ )

 

美味しい! をきっかけに

ちょっと面倒だけど、やってみよう!

と気持ちの変化が、私の作業パターンを変化させ

珍しく、丁寧に種取りしてみました!

☝️ポイント1)やってみよう!と思えるきっかけが大事

 

そして、もう1つのポイントは…

👉ポイント2)「これならできそう!」という感覚

これも、作業パターンを変える時や、新しい作業をする時に

私にとっては、大事なポイント

 

それにしても…

金柑は種がいっぱい!!

生命力に溢れている!!

種を半分にカットしてしまうことも

少し躊躇われたけれど…

ありがとう🙏と心で唱えて

種取り作業

 

その間、およそ10分少々

思っていたよりも

すぐに終わりました!!

ここも私にとって、大事なポイント!

👉ポイント3)手間=時間がかかると思っていたけど、実際はそんなに手間でなかった、という感覚

 

私は、時間の感覚がちょっとズレている
実際は5分で終わるところを
30分くらいかかる、と感じたり

実際は30分くらいかかることを
5分くらいかな、と感じたり

新しい、馴染みのない作業の時ほど、時間感覚がずれ

なので、特に初めてのことをする時は、
かなり時間と心に余裕がないと始められない

改めて気づいた、私の特徴…笑

 

とうことで、ズボラな私が日々の暮らしを丁寧にするポイントは…

◉キッカケ(モチベーション)

◉できそう!

◉めんどくさいと思ったら、時間を測ってみよう!

という気づきでした!

 

そして、いつも感じているのは…

無理なく、ちょっと「手」をかけること^^ 

☝️暮らしの作業を、その人がやりやすいように
 どうすると、やりやすくなるかを一緒に考えるのは、作業療法士のお仕事です♫

 子育てや暮らしの作業の改善など、その人、お子さんにあったオーダーメイドの方法を一緒に考える
 個別相談も行なっています ⇨お問合せはこちらhttp://riecs.net/contact/
 

 

日々の暮らしに成長のエッセンスを!

自然と共に生きよう!

 

自分も相手も尊重するためには…? 〜保育園のコンサルより〜

1人1人の子どもたちを大切にする保育を💓
と園長先生のステキな想いとともに
昨年度から一緒に関わらせていただいています

今回は四歳児さん
年中さんは…とっても個性豊か❣️
そして、先生方の工夫や関わりが素敵♫

ちょっと落ち着きにくいお子さんたちに
何か落ち着けるものはないかなぁと…
素材や大きさを試行錯誤された結果

ハリネズミファミリーが誕生🦔💓

ちょっとした手遊びグッズで

落ち着くお子さんも多いのです♫

人気だけど、取り合いにはならないらしい
そして、ちゃんと決まったカゴの決まった位置(こどもたちが決めた)に戻すらしい
スゴイ❣️

椅子取りゲームに参加しないお子さんたちの代わりに…

ハリネズミくんが参戦

そのハリネズミくんにつられて参加するお子さんも!

もちろん参加しないお子さんもいる

ハリネズミくんや他のぬいぐるみを持って、応援する子
隅っこから見ている子
負けて悔しくて、先生に抱きついて泣いている子
負けるのがイヤだからしない!という子
負けたら泣いてもいいんよ!と声をかける子
(と言いながら、その子も見る側 笑😊)

みんなが同じ行動をしてはいないけれど

みんながそれぞれの居場所を持って
自分も相手も尊重している
本当に素敵なクラスになっていっている💓

私は、保育の中に入って
お子さん達の様子を観たり
ちょっと一緒に遊んで
子どもさんの様子や環境を確認させてもらい
そして、先生のお話を聴いて
取り組みを一緒に考える
この過程が面白く、楽しい!

素敵なクラス運営をされている先生方
その先生方を支えておられる、園長先生や主任先生
と一緒にお仕事させていただけることに感謝です    2020.01.25 FB投稿

 

それぞれの居場所を持つ安心感が

自分も相手も尊重できる暖かい心を育む^ – ^

日々の暮らしに成長のエッセンスを!

自然と共に生きよう!

「文字を見ると吐き気がする!!」〜 その背景にあるものとは・・・

『スッキリしたーーー❗️
『今まで、誰にも言えなかったことが言えた❗️
by 読み書きが苦手な小学校5年生さん

 

「文字を見ると吐き気がする」
「文章を書きたくない」 などなど
お子さんは、これまで多くの訴えてはしてきたけれど…

大人側は「頑張ればできる!」というよくある対応になってしまい…

双方の歯車がずれている状況に…

保護者の方が、何かしてあげられることはないかと相談に来られ
お話を伺う中で、文字の見え方に特徴があるかもしれない、と感じ
2回目はお子さんとお会いする事に。

持ちやすい、書きやすい鉛筆探し
見やすい、使いやすい定規探し
見やすい、書きやすいノート探し

 

その後、数冊持ってきてくれていた本や教科書の中から
縦書き、横書き
文字の大きさ、フォント
紙の色、質 など 
読みやすい、読みにくい、を聞いていくと…

そのお子さんは、自分の言葉でちゃんと答えてくれる

真っ白い紙で
横書きが1番読みやすい
でも、文字が一気に目に入ってきてどこを読んでいるか分からなくなる
けれど、好きな物語の本だと大丈夫!

こんなふうに語れるのは、すごい❣️

それならば、読みやすい工夫をしよう!
と、いくつかポイントを話し合い終了

そして、帰りの車に乗った瞬間に
『スッキリしたーーー❗️
『今まで、誰にも言えなかったことが言えた❗️
と言っていた、と保護者さんからメッセージいただきました😊

見え方、感じ方は、
誰かと比べることができないし、
相手の状況を知ることも難しい

でも、お子さんの言葉は、
そのお子さんにとっての正論であることが多い

精神論で解決するのではなく、
そのお子さんの見え方、感じ方に目を向けてくださる学校の先生方も増えてきた

更に一歩進めて、
「そのお子さんに聞いて、一緒に考える」というプロセスが一般的になればいいなぁ〜

 

子どもに聞いてみよう!

子どもは語ってくれる!

子どもを信じて!

日々の暮らしに成長のエッセンスを!
自然と共に生きよう!
 

 

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031