RICSブログ

【ご報告】2017-2 グローアップprogram コンサルテーション (児童発達支援センター)


少し前に満開! ご近所さんの「ユキヤナギ」(ですよね…?)
とっても美しく咲き誇り、その時を飾っていました♡

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

◉2018年 6/3,  7/8,   8/5 (日) 10:30-15:15  @松江市内
RICS グローアッププログラム 発達講座 vol.2  「遊び」「創る」「使う」育ちの基礎講座 –
今回のテーマは「遊び」「創造」「想像」
このテーマを軸に、0~6歳の発達を3回に分けてお伝えします♬
詳細は近日中にお知らせします。
興味のある方は、個別にご連絡くださいませ⭐  →→→ http://riecs.net/contact/

 

◉ブログ◉

関連ブログ  :【ご報告】2017-2 グローアップprogram コンサルテーション (児童発達支援事業所) http://riecs.net/blog/1093/

児童発達支援センターなどの療育施設は、保育園・幼稚園・学校などと同様、そこに通っておられるお子さんにとっては日常の一コマです。

私がその現場に入るときは、できるだけ、日常にとけこむことを意識しています。

また、スタッフの方との協議の際も、支援者の独りよがりにならないことを最大限に留意しながら、自問自答しながら行なっています。(私自分自身への戒めです!)

そして、その場で、お子さんの日々の暮らしに関わっているのは、スタッフの皆さんです。

私は、そのほんの一部に関わらせていただいているのですが

1年間を通して関わらせていただくと、成長していかれるお子さんの姿に出会うことができます。

お子さんたちの持つ「育つ力」を確信した1年間でもありました。

さらに、その育つ力が発揮できる環境(空間・遊び・関わりなど)を試行錯誤しながら、日々創り出しておられるスタッフの皆様の高い意識に感動し、微力ながら一緒に歩ませていただいたことに、感謝しています!


2017年度は月1回、継続的に関わらせていただいた、
児童発達支援センターのスタッフの皆様のアンケートより

(一部抜粋)
=参考になったこと=
*子どもの目線で、優しく話しかけてくださる姿、声の掛け方など、とても参考になった
*子どもたちへの直接支援、職員の質問・相談事への返答やアドバイスなど、限られた時間の中で、中   
    身の濃いご指導をいただいた
*子どもの捉えが多面的
*子どもの小さな動きや仕草から、子どもの思いを読み取り、的確なアドバイスだった
*クラス作りについてのアドバイスが、今後の施設全体の療育を据える視点の1つとなった
*子どもの見つめている先、眼差しにそっと寄り添い、その子がどんなことを求めているのかを瞬時に    
    感じ取り、対応されていたことが印象的
*子どもにとっての遊び方が分かりやすい組み合わせを教えていただいた
*遊びの中に取り入れたら良い遊びを、具体的な例を挙げて分かりやすく教えていただいた
*子どもたちと一緒に活動をしておられる中で、対応や職員の立ち位置など参考になった
*気になっているお子さんを事前に伝えると、その子の発達特性を丁寧に教えてもらえ、勉強になった
*クラスでの取り組みなどタイムリーに相談ができ、すぐに返答してもらえた

=もっと知りたかったこと=
*苦手なことなどにも、「やってみよう!」と思えるようにするには
*気持ちの切り替えが苦手な子への声かけ
*現場の実態に合わせた、クラス編成やグループ分けの方法
*身体を使った遊びの展開、個々の力をつけるにはどんな動きを取り入れて、遊びを展開したら良いか
*手作りできる環境づくり、おもちゃなど
*午睡時間への切り替えの難しいお子さんの対応
*高いところに登りたい子どもへの対応
*体に左右差がある子どもへの生活場面での対応を詳しく知りたい
*医療との連携について
*保護者向けの学習会をしてほしい
(アンケートへのご協力、ありがとうございました!)

 

全てのお子さんの行動には必ず意味があります。

個々のお子さんの理解に努め、実際にできる形で、具体的な方法を一緒に考えていく

 

スタッフの皆さんの元氣が、お子さんの元氣と希望になります ( ◠‿◠ )

 

今年度も、意識の高いスタッフの皆様と一緒に取り組ませていただけることに、感謝です。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

関連ブログ  :【ご報告】2017-2 グローアップprogram コンサルテーション (児童発達支援事業所) http://riecs.net/blog/1093/

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930