RICSブログ

「静かに」「じっとする」と「お話がしっかり聞ける」…???

【お知らせ】
子育てを愉しむ おしゃべりカフェ13
4月19日(水)10:15〜@てらこやカフェ専念寺さん
詳細はこちら▶️ http://riecs.net/news/465/

前回より続きです
        前回のブログ:「集中できません‼︎」…「集中する」を育てる方法    http://riecs.net/blog/448/

皆さんは「しっかり」話を聞く時、どのような態度で聞いていますか?

家族団欒
子どもとの会話
友達との雑談
職場の会議
研修会
取引先との商談…

もちろん、相手、内容、立場、時間帯などなど…
それぞれに合わせて、聞く姿勢・態度は変わっていると思います。

リラックスしたり、緊張したり
姿勢を良くしたり、ちょっとダラっとしてみたり
眠らないように、必死に耐えたり(笑)。

私は、社会人になってから、複数の先輩方から
「引野は、動いているか、寝ているか、どちらかだ」と言われてきました。

私の周りは、理解のある先輩方が多かったので、
特に、『一方的にお話を聞く』研修会や会議の時は…

 椅子を前後に揺らしたり
 椅子が動かない時は、自分の体を前後左右に揺らしたり
 椅子の上に正座したり、足を下に戻したり

とにかく、落ち着かないのですが、許していただいてきました。
ありがとうございます!

そして、その動きが止まった時は、眠っている様です(笑)。
(一般的には、あまり好ましくないですね…)

『一方的にお話を聞く』研修会や会議…
聞き続けるために、集中する力が必要です。

集中する時間は人それぞれです。
集中する時間が短いタイプの子どもは(大人も)
『一方的に』聞き続けることは
ちょっとシンドイ(-.-;)

ですが、体を動かすと…( ◠‿◠ )
お話が耳から入ってきやすくなったり
集中しやすくなるお子さんもいます。

小さいお子さんほど、体を動かす度合いが大きいので
椅子に座っている範囲を超える(つまり、離席する)こともありますが…

静かに座っていなくても
先生のお話を聞いている子どもたちに
今まで、たくさん出会ってきました。

椅子をガタガタさせることが他のお子さんに影響する時は
椅子の脚にテニスボールをつけたり
席を一番後ろの隅っこで目立たない様にしたり
ちょっとした工夫が有効な時もあります。
(工夫は、そのお子さんの個性・集団の特徴・環境によって変わりますが…

先日も、先生がお話をしている時に
他のお子さんは椅子に座っていましたが
一人、教室の後ろでパタパタと動いているお子さんに出会いました。

ですが、そのお子さんは、先生のお話をちゃんと聞いていました。

お子さんの行動を見ていると
先生のお話を聞いていたかどうか、分かります(^_^)

じっとしていないことと
お話を聞いていないことは別のこと

お子さんの行動を丁寧に見ていくと
見えてくることがたくさんあります。

子どもの姿が見えてくると、対応が変わります。

そのお子さんに適した対応・環境が
お子さんの育つ力を引き出します♬

とはいえ…集団の場面だと
そのお子さんの個性的な行動に引っ張られる
別の個性豊かなお子さんも出てきます。
お子さんの個性は理解しておられても…
先生お一人では対応できない事態があることも事実です。

それぞれのお子さんの個性を尊重しながら
先生方も疲弊しない形で
子どもたちが豊かに成長・学習できる体制づくりが
これからは更に求められると感じています。

関連ブログ:「集中できません‼︎」…「集中する」を育てる方法   http://riecs.net/blog/448/

お子さんとお母さん、関わる全ての方が
元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター
Rie Child Support  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター )

活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港・西伯郡)/広島県尾道市

『私自身、一方的にお話を聞くことが、ちょっとシンドイ』だから…
参加している方「みんなで、おしゃべりする」「おしゃべりカフェ」がいいなぁ〜とも思います^ – ^
そして、おしゃべり=話す=手放すこと♬ 思いを話して、抱えているものを手放していく🌟
次回の子育てを愉しむ おしゃべりカフェは…
4月19日(水)10:15〜@てらこやカフェ専念寺さん
詳細はこちら▶️ http://riecs.net/news/465/

「集中できません‼︎」…「集中する」を育てる方法(^_^o)

みなさんは、どのような環境だと集中できますか?
そもそも、「集中する」ってどう言うことでしょうか?

お子さんと関わっていると…

お母さんからは…
「なかなか集中できないのです」

保育園や学校などでは…
「静かにしましょう! 先生の話を集中して聞きましょう!」

と言う言葉をよく耳にします。

お母さんから「集中しないのです」と
ご相談があった時に必ず、ご質問することがあります。

RIE「どのような時に、集中しにくいですか?」
母「宿題する時に、なかなか集中してやってくれません…」

多くの場合、「宿題」は…
とりくみ始めるのに時間がかかり
やり始めても、気がそれやすく
遅々として課題が進まない…終わらない…
やはり、集中しにくい作業のようです(笑)

大人でも、やりたくない仕事、苦手なことは
取り組み始めるのが億劫で
やり始めても、なかなか進まなかったり
違うことに気が逸れたり…しますよねd(^_^o)

なので、例えば…宿題など
そのお子さんが苦手だったり、
やりたくないことをしている時に
「集中できない」「集中していない」のは
ある意味、自然なことですね☆

集中できる時間は、年齢によっても、人によっても変わりますが…
「集中する時間が短いタイプ」のお子さんもおられます。

大人にも、集中時間が短いタイプの方がおられます。
はい!私もそうです♬

「集中できない」のではなく
「集中時間が短い」タイプなのです( ^ω^ )

そして、集中しやすい方法も人それぞれです。

中学校、高校時代の私の試験勉強法は…
記憶・暗記系は、「音楽を聴きながら、ブツブツ言いながら、赤いペンで書く」でした。
ペンも書きやすいペンが決まっていて、少々こだわっていました。
一方、数学など頭を使うことは「図書館など、静かな環境でする」でした。

現在は、ブログを書いたり、書類を作ったりする時は
適度な音と、適度に区切られた空間が必須条件で…
少し暗めのカフェの隅っこの席が一番集中しやすいです(笑)。

必ずしも「静かな」環境が集中しやすいわけではありません。

ということで…
お子さんの「集中する」を育てる時には…

お子さんの興味関心によって、集中度は異なる
ことを知っていただき…

集中しやすい環境やアイテムを見つけていく!
これは、大人が見つけるというよりも
子ども自身が見つけていくプロセスを
大人はサポートする感じですね。
「環境とアイテム」は複数あると重宝します♬

そして…集中時間が短いタイプのお子さんには
そのお子さんに適した集中時間で、できることをすること♬

1回の集中時間が短くても
1回1回をつなげていくと
できることも増えていきます。

ちなみに、「先生のお話を聞く」時も、
必ずしも「静かにすると聞ける」とは限りません。
このお話は、また明日〜♪( ´θ`)ノ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♬

お子さんとお母さん、関わる全ての方が
元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター
Rie Child Support  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター )
活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港・西伯郡)/広島県尾道市

集中してお仕事したい時は…このカフェへGO!(お世話になっております、ありがとうございます)
混んでいてお氣に入りの席がない時は、別のカフェへもお邪魔しています。
ということで…やっぱり集中できるアイテムはいくつかあると良いなぁ〜と思う今日この頃です。

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031