RICSブログ

子育てに役立つ!異文化理解♪…コスタリカ編

☆RICSからのお知らせ☆ 詳しい内容は ↓
https://riecs.net/news/

 ♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ8
  2016年10月27日(木)10:30−12:00
  対象:お子さんの発達に気がかりがある、心配をしているお母さん
     (小学生のお子さんのお母さん)

お子さんのこと、子育てのこと、ちょっと深く、お話しませんか?
“おしゃべり”の中に、お子さんの成長を支えるヒントがあります♪♪

☆ブログ☆

先日のブログ
*発達の凸凹:忘れ物が多い…どうしていますか?
https://riecs.net/blog/201/

にも書いたのですが…
私は、忘れ物が多い子でした(今も…)。
私の忘れ物対策は、とにかくメモ!
しかも、手に消えないようにメモをすること☆

「忘れ物」
一般的に日本社会では
「よろしくないこと」として認識されていますね。

私は、2002年〜2004年に青年海外協力隊員として
コスタリカ共和国(中米)の養護学校で作業療法士として活動していました。

001

(写真)手塚治虫さんの「火の鳥」のモデルになったと言われている「ケツァール」 数は少なくなっていますが、コスタリカでも出逢えます☆ 出典http://www.infomaya.jp/guatemala/QUETZAL/QUETZAL.html

 

コスタリカでも、何かあると忘れないように、手にメモを書いていたら…

コスタリカ人の同僚から
「なんで、そんなことしてるの?」と…

RIE 「忘れないようにメモしてるんだよ」
同僚「日本人は、まじめだから、忘れないでしょう!」
  「コスタリカ人は、すぐに忘れるけどね〜ワハハッ〜」

たしかに!!!

コスタリカ人は、忘れっぽいです。
その時は「分かった!」「大丈夫」と言っていても、忘れてしまいます。
大事な会議の約束をしていても…連絡なしのキャンセルも普通(笑)。

でも…そもそも「大事」と思っているのは私であり
相手にとっては「大事」ではないこともある
つまり、優先順位が違うのです。

そして、コスタリカ人は『今』を生きています。

なので、昨日は大事だった会議が、
今日は、もっと大事な予定が出来て、
会議の大事度が低くなった、ということもあります。

「もっと大事」な予定とは…
プライベートなこと…
「自分」か「家族」に関することが多いのですが…
これもお国柄☆

自分(大人)にとっての「当たり前」
自分(大人)にとっての「大事」が

相手(子ども)にとっての「当たり前」
相手(子ども)にとっての「大事」
ではないこともありますよね。

そういうことも
ちょっと頭の隅に置きつつ…

でも!!!
やっぱり、忘れて欲しくないこともあります(笑)

忘れっぽい私の
忘れっぽいコスタリカ人対策☆

それは…
お知らせしたいことは
トイレの便座の前の壁に、チラシを貼ること
座った時に、ちょうど目の高さになるように

『一日に何回か、同じ内容が目に触れる機会を作る』

この方法が一番ヒットしました♪♪♪

相手(子ども)の状況に合わせて
相手(子ども)がやりやすい
分かりやすい方法を編み出す

とはいえ…いつもヒッするわけではありません。

一人で考えても、グルグルするだけで、
どうにもならないことも多々あります。

そんな時は、誰かに「話す」ことも大事です♪♪
話すことで、自分の考えが整理されたり
相手の話を聴くことでヒントを得られることがあります☆

是非、『子育てを愉しむ おしゃべりカフェ』もご利用ください!

☆RICSからのお知らせ☆ 詳しい内容は ↓
https://riecs.net/news/

♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ8
 2016年10月27日(木)10:30−12:00 

♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ9
 2016年11月30日(水)10:30−12:00(詳細調整中)

Rie Child Support
ホームページ
https://riecs.net

作業療法士&グローアップクリエ−ター 引野里絵
活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港・西伯郡)/広島県尾道市

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
お子さんとお母さんが、元氣に、笑顔で、希望をもって活きていかれますように☆

2022年7月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031