RICSブログ

『感覚刺激に敏感』…どういうこと?

先日のブログ、「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」お子さんのお母さんへ

「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」お子さんのお母さんへ

の中で、「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」理由の1つに
「感覚刺激に敏感」な場合があることを挙げました。

今回は、「感覚刺激に敏感」ってどういうこと?? というお話です。

私たちは、イロイロな「感覚」を受け取って生きています

“五感”という言葉があるくらい、感覚は身近なものです。
例えば…
目(見る・見える)
耳(聴・聞こえる)
鼻(におう)
舌(味)
肌(触わる・触られる)

そして、“感覚刺激に敏感”というのは

例えば…
カメラのフラッシュが「とても、まぶしい」と感じる
運動会のヨーイドン!のピストルの音が「耳をふさぐほど、うるさい」と感じる
シャツのタグ(首のところにあるラベル)が「痛い」と感じる

多くの人にとっては、あまり気にならないこと(感覚)に対して
非常に敏感に反応することです。

ということは…
「じっとしていることが苦手」なお子さんの中には
たくさんの情報が目から飛び込んできて、目移りしてしまう
他の人が気にならない小さな音でも、気になって仕様がない
近くで人が動いたら、その空気の流れにゾワッとする
このようなお子さんが、おられるかもしれません。

このような状況だと、落ち着かないですよね😣

さわる・さわられる感覚=触覚に敏感なお子さんの中には

自分から「さわる」のは良いけど、「さわられる」のは苦手

特に、予想外にさわられることに

苦手を通り越して、恐怖感じるお子さんもおられます

このようなお子さんは
我が家の、草だらけの畑には
入りたくないかもしれないですね〜😊

img_6488

さらに、香りや味に対して敏感なお子さんは

食べられるもの、好みが限られてしまい

結果として「偏食」になってしまうこともあります。

 

ポテトチップスの製造工場の違いが分かるほど
味覚に敏感なお子さんもおられるようです。
(同じ味のポテチでも、製造工場が違うと、微妙に味が違うのですね〜)

 

このような感覚の敏感さを持っているお子さんに対して…

「我慢しなさい」
「気合いが足らない」
「大げさに反応している」
と理解して、関わってしまうと
お子さんとの間に、大きなズレが生じてしまいます

普段は意識していない「感覚」
でも私たちは、必ず「感覚」を受け取って生きています
お子さんが、どのように「感覚を感じて、受け取っているのかな…?」という視点で見てみると
お子さんの行動を理解する糸口があるかもしれません☆

【関連記事】
☆知って得する♪「感覚に敏感」なお子さんの接し方
 
☆「キライ」を「楽しく」するヒント♪♪  〜泥遊び編〜
 

ちなみに…
感覚に「氣づきにくい」という、敏感とは逆のお子さんもおられます。
このお話はまた今度…

最後まで、読んでいただいてありがとうございました♪♪

 

☆RICSからのお知らせ☆ 

http://riecs.net/news/

♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ6

2016年9月30日(金)10:30−12:00 対象:小学校高学年のお子さんを持つお母さん

♪お母さんの心のデトックス 子育てを愉しむ おしゃべりカフェ7
2016年10月5日(水)10:30−12:00
 対象:お子さんが「言うこと聞いてくれない〜😣」「どう関わったら良いんだろう??」と思っているお母さん

♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ8
 2016年10月27日(木)10:30−12:00
 対象:年長〜小学校低学年のお子さんを持つお母さん

Rie Child Support
ホームページ
http://riecs.net

作業療法士&グローアップクリエ−ター 引野里絵
活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港)/広島県尾道市

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930