RICSブログ

”適度な力加減” が育つには…?

先日のブログ
「不器用?」「乱暴?」…「力の加減が難しい」お子さんのこと
http://riecs.net/blog/183/

では、「力の加減が難しい」ことが、
不器用さや乱暴にみえる行動となっていることをお話ししました。

では…私たちはどうやって
“適度な力加減” が 出来るようになるのでしょうか?

赤ちゃんの頃は…
「物」や「状況」に併せて
“適度な力加減”をすることは難しいです。

持っているオモチャを力の限り、カンカンと床に打ち付ける
手で机をバンバンと叩く
お母さんの髪の毛をギューッと掴む

どちらかと言うと、最初は
力が強すぎる場面が多いかもしれませんね。

もちろん、まだ“力”「そのものが弱い」ので
重たい物が持ち上げられない
引っ張ってもツルッと手が滑る
ということもあります。

“適度な力加減”は、「最初から」できるのではありません!!

img_6792

子どもは、遊びながら
イロイロな物と出会い
口に入れたり、手で触ったり
ドンドンと叩いたり、ギュッと掴んだり、
引っ張ったり、押したり、
落としたり、投げたり…

楽しく遊び
その体験を繰り返しながら

かたい・柔らかい
厚い・薄い
重い・軽い
大きい・小さい
安定している・グラグラしている
など…

素材や状態の違いを学習していきます。

その「違い」という情報を
より細かく学習するほど
物の素材や、状態に併せて
より適切に、適度な力加減が出来るようになります☆

子どもの興味
子どもの楽しい! には…
成長するエッセンスがいっぱい詰まっています。

私たちも、子どもの頃に
好奇心いっぱい・楽しさ満々で
たくさん遊んで、体験して、学んできたから、今があるんですね〜♪

そう思ったら
お子さんの???な、大人から見たらちょっと理解しにくい行動も
面白く、楽しく、ちょっと大らかに見てあげることができるのではないでしょうか♪

ただ…その「違い」に気づき難いお子さんもおられます。

 【関連記事】
  感覚の刺激に「気づきいくい」お子さんのこと
  http://riecs.net/blog/174/

 

それぞれのお子さんで、氣づきにくさが異なります。
そして、氣づきやすい環境や関わりをしてあげることで、出来ることが増えます♪♪
是非、ご相談ください☆ お問合せは無料です
http://riecs.net/services/
ページ右上に「問合せボタン」があります☆

今日も長文…最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
お子さんとお母さんが、元氣に希望をもって生きてかれますように♪

 

【関連記事】

「不器用?」「乱暴?」…「力の加減が難しい」お子さんのこと
http://riecs.net/blog/183/

感覚の刺激に「気づきいくい」お子さんのこと
http://riecs.net/blog/174/

 

☆RICSからのお知らせ☆ 詳しい内容は ↓
http://riecs.net/news/

♪子育てを愉しむ ちょっと深いおしゃべりカフェ8 @松江市
 2016年10月27日(木)10:30−12:00
 対象:年長〜小学校低学年のお子さんを持つお母さん

♪芋掘り会&畑de遊ぼう! 10月8日(土)@松江市玉湯町
http://riecs.net/news/190/
詳細:ありママクラブ さんブログにて
http://ameblo.jp/risamama2544/entry-12204322424.html

Rie Child Support
ホームページ
http://riecs.net

作業療法士&グローアップクリエ−ター 引野里絵
活動エリア:島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県西部(米子・境港・西伯郡)/広島県尾道市

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930