RICSブログ

【ご報告】2017-1 グローアップprogram コンサルテーション (児童発達支援事業所)


桜の季節はあっという間に過ぎ去りましたね〜
その時、その時を生きることを、自然からも、子どもたちからも教えてもらう今日この頃です

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

◉2018年 6/3,  7/8,   8/5 (日) 10:30-15:15  @松江市内
RICS グローアッププログラム 発達講座 vol.2  「遊び」「創る」「使う」育ちの基礎講座 –
今回のテーマは「遊び」「創造」「想像」
このテーマを軸に、0~6歳の発達を3回に分けてお伝えします♬
詳細は近日中にお知らせします。
興味のある方は、個別にご連絡くださいませ⭐  →→→ http://riecs.net/contact/

 

 

◉ブログ◉

お子さんの育ちや保護者の方への想いが溢れる児童発達事業所さんに

2017年度1年間、月1回の頻度で、協働的コンサルテーションをさせていただきました。

事前に担当のスタッフの方とお子さんの様子や活動の目的などの打合せをしてから現場に行きます。

自由遊びの時間にはお子さんたちと一緒に遊んだり、おしゃべりしたりしますが

できるだけ、日常にとけこむことを意識して…

約90分間、療育場面を観察させていただきます。

その後、スタッフの方とともに、協働的なコンサルテーションを行なっていきます。

協議の内容は、その都度異なりますが、基本は ”「その」お子さんにとって”

何が必要か、どうすると良いか…

支援者の独りよがりにならないことを最大の留意点として…


アンケートより(一部抜粋)

=参考になったこと・印象に残ったこと=
*療育現場への具体的アドバイスをいただけたことがとても勉強になった
*気づいていない点や細やかな配慮の必要性を職員間で話し合うことができ、活動内容の充実を図るこ  
とができた
*子ども達の発達状況にあった、魅力のある活動を展開できるよう質を高めていかなければ、と感じて
 いる
*活動に参加しにくい子どもの様子から、なぜそのような行動になるのか、背景にある子どもの願い
や         
   配慮すべき点、また親子関係についても助言をいただき参考になった
*活動の目的作りや、支援方法についての助言が役に立った
*子ども達の発達状況の理解が深まった

=もっと知りたかったこと=
*保護者の方に発達理解を深めてもらうためには、どのように支援していけば良いのか
*幼稚園・保育所との連携についてどのように進めていけば良いのか
*就学に向けての保護者支援について
*個に合わせた遊び、ねらいを定めた遊びについて
(アンケートへのご協力、ありがとうございました!)

 

昨年度は、多くのお子さんと保護者の方にお会いできました。

スタッフの皆さんが、常に個々のお子さんの成長を考え、
意味のある活動を実践され、
保護者の方と一緒に成長を喜び合う

一緒にお話する中でスタッフの方が
「こうしてみよう!」と閃かれたり
「やっぱりこれが大事!!」と改めて実感されたり

先生方の元氣が、お子さんや保護者の方の希望になります ^ – ^

 

そのような素敵な時間に関わらせていただけたこと、有難い限りです。

2018年度も、意識の高いスタッフの皆様と一緒に、
多くのお子さんの育ちに少しでも関わらせていただけることに感謝します!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

【ご報告】発達講座3/3 ”遊ぶ・創る・使う”から”読み書き”へ


色々なお箸を使ってみよう! 体験コーナー♬

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

◉ブログ◉

初の試み
0~6歳までの発達講座 3回シリーズの3回目(最終回)

県外からも参加いただき、のべ15名の方に受講していただきました。

 

今回の主なテーマは、皆さんの関心が高かった「お箸」について

 

スプーンと同様・・・世の中には色々なお箸があります。

お子さんが使いやすいように・・・という祈りを込めて

お母さんはお箸を選ばれていると思います。

 

ですが、そのお箸は本当に使いやすいのでしょうか…??

参加者の皆さんの素朴な疑問から

それぞれのお箸の特徴を、実際に体験していただきながら、紐解きました。

わぁ〜

このお箸、使いやすい!!( ^∀^)

このお箸、意外と使いにくい〜 d( ̄  ̄)

と・・・

皆さん、お箸に熱中〜♬

もちろん、使いやすい・使いにくい は個人差があります

全ての人に「使いやすい」「特定のお箸」は存在しません

 

道具は「個」に合わせて選んでいく必要があります

お箸のほか、クレヨン・鉛筆・ハサミについてもお伝えしました〜!!

 

 

座学の時間:「道具を使う」ということについて

しかし・・・やればやるほど、時間が足りない〜〜〜(笑)
    

 

休憩時間には、オススメの玩具・絵本・専門書などを見ていただきました!

今回は、参加者の皆さんで、カード遊びも♬

 

アケート

いつも、いっぱい書いてくださいました。

とっても励みになり、次回のテーマも参加者の方に沿って構築できました!

ありがとうございます♡

(一部抜粋)
*箸の移行から使い方や選び方を学ぶことができ、保育の現場や家庭などに活かしていこうと思う
*全ての子どもの動き、遊びには意味があり、次のステップ(読み書き)に繋がっていることがよくわ  かった
*体と道具の関係、特に協調性が0歳からの動きで重要になること
*お箸を使えるようになるにはどのような動きが必要か
*話を聞きながら、上の子に当てはまること、下の子に当てはまることがたくさんあり、楽しかった
*ハサミなど、100円ショップにもイロイロあることがわかった
*子どもが使いやすいものを取り入れて、楽しんで生活していきたい
*「(その子にとって、その道具が)必要かどうか見極めることが大事」という言葉が印象に残った
*数ある道具の特徴を知って、どのタイミグで、どう使っていくか、一人一人の子どもに合わせていく
 ことの大切さを伝えたり、保護者の方と一緒に考えていきたい。
*箸の長さ・太さ・形・素材などで使い方が変わるということ
*使ってみると、補助箸は思っていたよりも使いにくかった
*3回受講して、ハイハイの事など、我が子の気になる点を検診時に相談すると「問題ないよ」とか
 「そんな子はたくさんいるよ」と納得する答えを得ることができなかった
が、納得する答えや対応方
     法を教えてもらい、すごく嬉しかった。また学びたい。

*3回全て受講し、「なるほど」「そうだったのか」と勉強になった

 

今回のランチタイムはこんな感じ♬ 
ベジタコライス (^ ^)   個人的には、ピリ辛サルサソースが大好き♡
Fractal・ amritaさんのneoベジタリアン料理®︎ https://flactal.shopinfo.jp/pages/1287778/page_201709201138

お子さんへの暖かい思いを持って、ご参加くださった皆様

素敵な会場を提供してくださり、ご配慮・ご協力をしてくださった大廣建設さん
http://www.dai-kou.co.jp/feature

Fractal キュレーターの中島佳代子さん & amrita(ネオベジタリアン料理®︎) の船田真里さん
https://flactal.shopinfo.jp

本当にありがとうございました!!

 

発達講座 vol.1 :「遊ぶ・創る・使う」から「読み書き」へ (ご報告ブログ)
1回目 http://riecs.net/blog/937/
2回目 http://riecs.net/blog/1024/

 

次回も3回シリーズ
6月〜バージョンアップして行います!
すでにリピーターの方も!
ありがたい限りです✨
近日中にお知らせしますね!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

父の「障害がなくなった」とき ~脳梗塞後遺症・感覚性失語の父:復活珍道中 (7)~

父は、2016年3月31日夜に脳梗塞発症

でも、倒れたわけではなかったので、病院に行ったのが、4月1日の夜

そして、入院したのが日付が変わった、4月2日

急性期〜回復期の治療&リハビリ経て、6月末に退院  *関連ブログは文末に*

 

現在の状況は・・・

 

身体障害者手帳4級 (音声機能・言語機能の著しい障害 というレベルらしい)

介護保険では「要介護1」 

家族でもコミュニケーションをとることが難しい・・・

れっきとした障害者である

 

 

その父の「障害がなくなった」

 

 

??????????

 

 

それは・・・

森の風通しを良くし

水を巡らせて

「森」から「杜」に

大地と呼吸を共にする「大地の再生講座」でのこと

 

(演奏されている方の右後ろにいるのが父)

開始前に姿をくらませた父

どこに行った????と心配していたが・・・

杜での始まりの演奏と同時に

どこからともなく現れ・・・演奏を聴いている(笑)

 

(笹が生い茂る中を進む皆さん…)

スタッフや参加者の皆さんと

杜を一周歩いて状況を確認中に

道無き道を案内する父

大地の再生講座の講師の方の見立てでは・・・

「お父さんが案内してくれたところは、もともと道があったところ」と言ってくださり

「お父さんの感性はすごい!」と褒めてくださる。

 

  (笹の道から抜け出たところ)

チェーンソーなど、道具を持っている方が

道を切り開いてくださり、無事に通過!!

ありがとうございます ^ – ^

 

その後の杜の整備でも、父は

講師やスタッフの方がしているのを見たり

自分の感性で

必要そうなことをしていく

 

講師の方が

父の存在と感性を認めてくださっていたので

基本は、父の好きなように

 

「こうしたら良いよ」ということだけ

実際に見せて教えてくださる

 

そうすると、父も理解して同じようにする

 

この日

この杜の大地の再生講座において

父は障害者ではなかった。

 

講師の方も

スタッフの方も

参加者の方も

父のことをありのままに認めてくださり

必要な時は自然とサポートしてくださり

父も自分の力を発揮していた。

 

改めて、環境が障がいを作っているのだなぁ〜と感じた日

 

その人が「障害者」という存在にならない社会に

できることを少しずつ…

 

2018.4.3 大地の再生講座にご縁があり、集ってくださった皆様

本当にありがとうございました!!

  
大地の再生講座の一コマ
みんなが参道の階段の水の流れを整えている間
父は、参道脇の山の中で
思うままに動いていました…笑

◉関連ブログ◉
その1)認知症?と思ったら、脳梗塞だった!!!  http://riecs.net/blog/614/
その2)治療は必要だけど、病人にはしない  http://riecs.net/blog/615/
その3)退院日を勝手に決めた父  http://riecs.net/blog/616/
その4)警察沙汰がありつつも、豊かな人生♬ http://riecs.net/blog/619/
その5)突然、コーヒーの淹れ方を教えてくれと…そのワケは? http://riecs.net/blog/688/
その6)母が入院した…その時、父は…  http://riecs.net/blog/795/

 

◉お知らせ◉

2018年5月18日(金)10-12:00
お母さんの心が軽くなる♡ お箸の使い方講座
詳細・お申込 h

左右のお箸の絵を揃えているお子さん⭐

2018年5月20日(日)10-12:15
遊んで 笑って 意味を知る ~すぐに使えるオモロイ遊び~
詳細・お申込  http://kokucheese.com/event/index/511927/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/
申込開始:5/1

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930