RICSブログ

どうしてお勉強は「ちゃんと」座ってすると良いの…???

もちろん、全てのお子さんに適しているわけではないと思います

が、私が出会ってきた多くのお子さんには、ピタッとくることが多いので、ご紹介♫

 

松江市内の小中学校は、2020.05.25〜通常の登校が始まりました。

小学校1年生でもいきなり、5時間授業!!   Σ(・□・;)

確かに、昨年度までは、この時期に5時間授業は当たり前ですが

何せ、長い長い春休みが明けて、初めての学校生活で、

いきなり5時間授業!!

これは、子どもたちも大変だし、きっと先生方も大変でしょう🙏

 

もしかしたら、学校やご家庭では、お勉強する時に

「姿勢をちゃんとしなさい!!」と言っておられるかもしれませんね。

特に午後の5-6時間目・・・ や、宿題の時に・・・

 

ですが!!!

お勉強は「ちゃんと」姿勢を正して、座ってするもの・・・???

なのでしょうか??

 

⬇︎ある日のお勉強風景(年長さんですが…ちょっとした待ち時間にお勉強中)

幼稚園が終わって、午後の時間

床に座ってお勉強すると…

姿勢が崩れたり、集中しにくかったり…

 

なので、

ちょっとだけ揺れて

バランスをとれるものをイスがわりに(^ ^)

少しだけユラユラ揺れながら〜〜静かにお勉強をしていました!!

↑写真のお子さんが座っているのは、ボブルス社の商品「ドーナツ」 ⇨https://ec.bornelund.co.jp/shop/pages/campaign_bobles7.aspx

が、ボブルス社さんのはちょっとお高いので…笑

 

⬇︎例えば、こんな健康グッズも使えますよ〜〜

  

⬆︎読み書きがちょっと苦手で、姿勢もあまり良くなくて、、、のお子さんでしたが

ちょっとした姿勢の工夫をすることで、姿勢も良くなり、学習に向かいやすくなりました!

今では、グッズがなくても大丈夫です♫

 

⬇︎こんな姿勢でお勉強するお子さんも…(笑)

この姿勢、お行儀が悪い!!と言われたら、その通りです。

決してオススメできる姿勢ではありません。。。

きちんとした姿勢でお勉強したりご飯を食べたりするのが、日本的な美しさでもあります。

 

そして本来は、小学校入学までに椅子に座って、40-50分間×5-6時間 

座った姿勢を保ちながら、考えたり、書いたり、読んだり、聞いたり、することができるように育っているはず!

 

なのですが、、、様々な背景により、現在はお子さんたちの体はゆっくり発達しているようです。

 

極端かもしれませんが

子どもの姿勢を正すことを優先する?

意欲的に、興味を持って、学習することを優先する?

この二択だとしたら…

あなたはどちらを選びますか??

 

正しい姿勢をとることは大事です。

それにより、読み書きが正しくできる可能性もある!

でも、お子さんが、自分だけで正しい姿勢をとることが難しい時は…

何かしらのグッズを使ったり、意欲を優先する、という選択肢があるということ

心の何処かに留めていただけたら幸いです!

 

ということで、

どうして、ユラユラ揺れると良いのか?

姿勢を保てるようになるにはどうしたら良いのか?

以前のブログ⬇︎もご参照ください!

椅子に座って作業するための『からだ』を育てよう!

「じっとすることが苦手」「椅子に座ることが難しい」お子さんのこと

 

そして、最近話題になっている北欧の教育スタイルにも「姿勢」「体の発達」について興味深い情報があります。

フィンランド:イスから自由になれば子どもは伸びる 
 https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/1111180/102400001/

 

ということで、現時点での結論!!

お勉強は、ちゃんと座ってしなくても良い!!!

でも、その子に必要な育ちは確実に育みながら♫

 

日々の暮らしに成長のエッセンスを!

視点を変えると見える世界が変わる!

自然と共に生きよう!

 

Rie Child Support がお手伝いできること

 ◉子どものより良い育ち・発達に関する相談(個別相談)

◉保育園、幼稚園、児童福祉施設等でのプログラムコンサルテーション

◉子どもを見る視点、関わり、発達等に関する研修・講座

◉生きる力を育むプログラム

お問合せ ➡︎ http://riecs.net/contact/

 

「文字を見ると吐き気がする!!」〜 その背景にあるものとは・・・

『スッキリしたーーー❗️
『今まで、誰にも言えなかったことが言えた❗️
by 読み書きが苦手な小学校5年生さん

 

「文字を見ると吐き気がする」
「文章を書きたくない」 などなど
お子さんは、これまで多くの訴えてはしてきたけれど…

大人側は「頑張ればできる!」というよくある対応になってしまい…

双方の歯車がずれている状況に…

保護者の方が、何かしてあげられることはないかと相談に来られ
お話を伺う中で、文字の見え方に特徴があるかもしれない、と感じ
2回目はお子さんとお会いする事に。

持ちやすい、書きやすい鉛筆探し
見やすい、使いやすい定規探し
見やすい、書きやすいノート探し

 

その後、数冊持ってきてくれていた本や教科書の中から
縦書き、横書き
文字の大きさ、フォント
紙の色、質 など 
読みやすい、読みにくい、を聞いていくと…

そのお子さんは、自分の言葉でちゃんと答えてくれる

真っ白い紙で
横書きが1番読みやすい
でも、文字が一気に目に入ってきてどこを読んでいるか分からなくなる
けれど、好きな物語の本だと大丈夫!

こんなふうに語れるのは、すごい❣️

それならば、読みやすい工夫をしよう!
と、いくつかポイントを話し合い終了

そして、帰りの車に乗った瞬間に
『スッキリしたーーー❗️
『今まで、誰にも言えなかったことが言えた❗️
と言っていた、と保護者さんからメッセージいただきました😊

見え方、感じ方は、
誰かと比べることができないし、
相手の状況を知ることも難しい

でも、お子さんの言葉は、
そのお子さんにとっての正論であることが多い

精神論で解決するのではなく、
そのお子さんの見え方、感じ方に目を向けてくださる学校の先生方も増えてきた

更に一歩進めて、
「そのお子さんに聞いて、一緒に考える」というプロセスが一般的になればいいなぁ〜

 

子どもに聞いてみよう!

子どもは語ってくれる!

子どもを信じて!

日々の暮らしに成長のエッセンスを!
自然と共に生きよう!
 

 

「文字」=「○○○」:文字が書きたくなるためには…?

◉お知らせ◉

◉2018年 6/3,  7/8,   8/5 (日) 10:30-15:15  @松江市内
RICS グローアッププログラム 発達講座 vol.2  「遊び」「創る」「使う」育ちの基礎講座 –
今回のテーマは「遊び」「創造」「想像」
このテーマを軸に、0~6歳の発達を3回に分けてお伝えします♬
🌟詳細はこちら http://riecs.net/news/1106/

2018年6月16日(土)
考えよう!! 困っている子どもの理解 ~感覚の過敏さ/鈍感さ~
*お話編のみ  13:30~14:30     http://kokucheese.com/event/index/514244/
*全編(お話&体験) 13:30~17:00  http://kokucheese.com/event/index/514259/


◉ブログ◉

先日、畑に来てくれた年長さん

大根の種を蒔いた後に書いてくれた”竹の札”

「4.8 みんなのだいこんをうえた」

年長さんなので、もちろん、まだ文字は習っていません。

鏡文字や、ちょっと読みにくい文字があるのは当然のこと

でも、一生懸命書きました ^ – ^

「みんなの」っていうフレーズも素敵ですよね♬♬

 

次の写真は、1年前に畑に遊びにきてくれた、1年生のお子さんが書いた札

「ぴーぴーまめをうえたところ」
このお子さんは、ちょっとだけ文字の読み書きが苦手でした。

でも、習い始めた平仮名を、自分から「書く!」と言って、いきなり書き始めました。

しかも、油性マジックで♬

竹の幅に合わせて、大きな文字で、堂々と!!!

そして今年…見事に可愛い「ぴーぴーまめ」が咲きました!

 

「文字」ってなんだと思いますか??

私は…

「文字」=「どうぐ(道具)」

だと思います。

 

もちろん、習得するためには、練習も大事です。

 

でも、道具だから、使わないと意味がない。

 

ならば、「使わされる」よりも「使いたい!」と思った方が身につきやすい。

 

「使いたい!」=「読みたい!」「書きたい!」そのお子さん自身が思える場面があると、必然的に、読んだり、書いたりしやすくなるのはないかなぁ〜と思います。

 

ということは…

「知りたい!」「分かりたい!」「伝えたい!」と心が動くこと

 

そのお子さんの興味や関心を大事に育てていきたいなぁ〜と思います。

 

ちなみに…「言葉」も同様ですね。

例えば、外国語を身につけるには、

「その言語を話す恋人を作ることが一番早い」

と言われますが、まさにその通り!と思います♬

「知りたい」「分かりたい」「伝えたい」だらけだからでしょうね〜〜❤

 

「外国語の習得」については、また別の機会にお伝えできたら!と思います。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♬

**********************************************************************

お子さんとお母さん、関わる全ての方が、元氣に、笑顔で、希望をもって生きてくサポーター

RICS  (Rie Child Support)  引野里絵(作業療法士&グローアップクリエーター

Rie Child Support (RICS)では、

お子さんの「デキル!」を一緒に見つけ、

デキル方法を提案しています。

◉デキル!を見つけるグローアッププログラム(ご家庭向け)
http://riecs.net/services/#kosodate


グローアッププログラムコンサルテーション(保育所・学校・児童発達支援センターなど)

http://riecs.net/services/#consultation

お気軽にお問い合わせください♬

◉お問い合わせ

http://riecs.net/contact/

◉ホームページ

http://riecs.net

◉活動エリア:
島根県東部(松江・出雲・雲南・安来・奥出雲・飯南)/鳥取県中西部(米子・境港・西伯郡・倉吉)/広島県/長崎県/大阪府/岡山県
ご要望があれば、国内・海外問わず、何処へでも伺います!!

 

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031